読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

映画『ビリギャル』を観ました。勇気をもらえる作品でしたね!

スポンサーリンク

久しぶりに映画を観てきました^^

 

有村架純主演の『ビリギャル』

 

 

 

 

こちらの本をもとにして映画にしてます。『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』という本です。しかも、これはノンフィクション。

 

小林さやかさんという実際にいた女性の話で、塾の講師の坪田先生という人がネット上に上げた話が書籍化されたそうです。

こちらが元のサイト。

[ビリギャル]学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話 / 坪田 信貴 | STORYS.JP

 

 

凄く勇気をもらえる作品です

ちなみに書籍も僕は読んでいます。

その時にも感じた事ではありましたが、「とても勇気をもらえる」ということです。

 

こんなに全然出来ない子でも一生懸命頑張って、周りからも支えられば成功できるんだ!って思うと「自分も…」ってついつい思っちゃいます。

 

 

ちなみに、僕の大学受験の時は偏差値を5ヶ月で15上げて国立大学に合格し、以前の記事に纏めさせて頂きました。

 

www.logkyo.com

 

ですが、さやかちゃんとはスケールが全然違います。

何よりも格の違いを感じるのは「さやかちゃんは慶応という目標を持っていたこと」「僕はとりあえず必死で勉強して、どこかに引っかかればいいや」程度の気持ちだったことです。

 

また、さやかちゃんは壁にぶつかって乗り越えたけど、僕は大した目標がなかったので壁にぶつかることも無かった。

この辺は大きな違いでしょうね。

 

『ビリギャル』を観てると自分ももう少し出来たんじゃないかなーって後悔は残ります。

 

坪田先生からも勇気をもらえる

 

僕はさやかちゃんだけではなく、講師の坪田先生の発言も非常に好きです。

 

坪田先生は人を説得させたり、やる気を出させたりするのが上手い人です。

例えば、母親が子供を塾に通わせようとするが、肝心の子供が全くやる気がなく、面談の時にすらゲームをしていました。母親が「この子はやれば出来るんです!!」と言っても、子供は全くの無視。坪田先生には見向きもしません。

 

普通の人ならこの子は無理かなって思うはずですが、坪田先生はそんな子供でもしっかりとやる気にさせます。

 

さやかちゃんが「先生、どうやってやる気にさせたの?」と問うと「僕の知識を総動員させてやる気を出させた」(うろ覚えだけど確かこんな発言)と言いました。

 

具体的になんて言ったのかはネタバレになるので書きませんが、僕が思ったことは「知識ってすごいな」ってこと。もちろん、坪田先生の性格もあるとは思いますが、知識によって人を動かす事は可能だとわかるし、知識はつけようと思えば誰でも努力しだいでつける事が出来るのです。

 

それじゃあ、さやかちゃんじゃないけど、僕も坪田先生みたいに知識をつけてみようかなーって思いましたね。

 

 

知識は武器になる。

 

ミスチルの『ランニングハイ』という曲の歌詞で「理論武装で攻め勝ったと思うなバカたれ」という歌詞があります。どういう意味でミスチルがこの歌詞を書いたのかは知らないけど、理論武装を否定をしてる事は間違いないです。

 

でも、理論武装を出来るということは大きな武器を持っているということです。

確かに、理論武装で相手を屈服させてばかりでは嫌な奴になってしまうけど、その能力を上手くを使えこなせれば、坪田先生みたいに他人を動かせる人間になれるわけです。

 

それは非常に魅力的な能力だ。

小さい事からで良いから頑張ってみます^^

 

 

最後に余談ですが、有村架純さんも伊藤淳史さんも演技が非常に良かったです!! 

原作とのイメージも違いもなく、非常に良い映画でした。