ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

体調不良で会社を休んでもオッケーなラインってどれくらい?

スポンサーリンク

今僕の職場は一人、ノロウイルスにかかって仕事を休んでいます。可哀想に、ゆっくり休んでください。

 

年末にも一人、インフルエンザで休みました。可哀想に。

インフルは僕もなったことがありますが本当に辛いですよね。40度超えると平衡感覚が無くなります。

 

ですが…休まれる職場側としては非常に困ります。彼らが休んだ分の仕事を全てやらされているわけなので。

 


頭痛もダメ 意外とツライのに会社を休むのは許されない症状 - ライブドアニュース

 

面白いテーマの記事がありました。記事によると「頭痛や腹痛では熱があるのと違って、数字で証明出来ないから納得してもらえない」って書いてました。

 

体調不良で会社を休めるラインってどれくらいでしょうね?

 

僕はもう3年くらい風邪を引いてません。なかなかの健康体だと思います^^

でも働き始めたばかりの頃は、声を出す仕事だったのもあり、喉をつぶしました。ガラガラ声になってしまい、とても仕事にならなかったので休ませてもらいました。

 

最近だと喉の痛みと、鼻水と寒気が同時に来ました。久しぶりに風邪引いたかなって思ったけど、熱を測ったら35度9分だった(笑) 確かに、辛くてもこれでは休ませてもらえません。

 

会社を休めるかどうかって、その職場での自分の立場によっても変わると思うんですよね。

最初の例だと、まだ働き始めたばかりだとそこまで大きな戦力ではないので休まれても痛手ではないと思うんです。

でも職場で立場が上になった人が休むと最悪の場合職場が機能しなくなることもあります。

 

もちろん、会社なんだからそんなことで機能しなくなるようじゃダメだと思いますけどね。一人抜けても余裕くらいの環境にすべきだと思います。てか、そういう環境じゃないと有給消化なんてできないですしね。

 

 

昨シーズンに放送されていたドラマ「今日、会社休みます」では簡単に休んでいました。主演の綾瀬はるかさんが職場の後輩と初体験をしたのですが、その次の日に「彼と同じ服で出社するとお泊まりしたのがバレるから」という理由で朝に職場に電話して休みました。上司は拍子抜けするくらい簡単に休みをオッケーしてました。特に理由を追及されるわけでもなく、有給扱いです。まあ、綾瀬さんの役の人がくそマジメに働いていて信頼もあったから、というのもあるのでしょうが。

 

これくらい余裕がある環境なら、頭痛だろうが腹痛だろうが電話一本で上手いこと言えば休ませてくれそうですね。

 

逆に人員がギリギリな会社だと、「頭痛なんで休ませてください」はほぼ通用しない。というか、休んだら周りに迷惑がかかるから申し訳なくて休めないでしょう。休憩中に病院行くことになるかもしれませんね。ドクターストップがあれば休める。

 

 

スポンサーリンク
 

結論

体調不良で休んでも良いラインは職場環境による。人員に余裕があるホワイトな職場では頭痛や腹痛でも休ませてもらえる。しかし、有給も消化できないギリギリの人数で回している職場では、インフルエンザなどのキツい症状じゃなきゃ休めない。

 

 

話は変わりますけど、有給の消化率って会社を選ぶ基準で大事ですね。「有休消化率が高い=社員を休ませる余裕がある環境」と言えます。ホワイトの象徴^^