読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

住む場所を自分で決めることは大事〜イケダハヤトさんを例に〜

スポンサーリンク

突然ですが、僕はイケダハヤトさんは相当すごい人だと思っています。

 

炎上商法だとかで色んな批判もされているようですが、この記事ではそれについては書きません。

 

イケダさんがすごいところたくさんあると思うのですが、簡単にあげるならこの3つかなって思います。

 

①ブログだけで家族3人生活できる収入を稼いでいること。

②少なくとも一人で5000記事は書いたこと

③自分が住む場所を自分で決めて高知に住んでいる事

 

①ブログだけで家族3人生活できる収入があること。

 

これがどれだけ難しい事のなのかはあえて書く必要もないと思います。

正直、ブログだけで生活しようとはとても思いません。ましてイケダさんの場合には家族3人分です。

正確には講演とかメルマガとかで別の収入はあるみたいですが、それでも自営業でこの収入を得るのは誰にでもできることではないです。

 

会社にも属さず、親から事業を継いだわけでもないのに自営業でこの収入はすごいです。

 

②少なくとも一人で5000記事を書いた事

 

イケダさんのブログによると少なくとも5000記事は書いてあることがわかります。(参照:プロブロガーほど素敵な商売はない:休暇を取れば取るほど、面白いブログになる : まだ東京で消耗してるの?)

 

まあ、イケダさんはプロのブロガーですから。独立当初はブログ執筆に1日10時間くらい費やしたと書いています。僕のような会社員ブロガーとはブログにかけている時間が違うのです。

 

でも5000記事です。1日1本ペースで書いて行くと5000記事÷365日=13.6年かかります。

1日5記事ペースであれば5000記事÷365日÷5記事=2.7年かかる計算です。

 

各々、書く能力に違いはあるので一概には言えませんがブログの運営している人なら、1日1記事を365日続けるのすら簡単ではないということは分かるかと思います。1日5記事なんて正直書ける気がしません。頑張って2記事でしょうね。

 

28歳のイケダさんが5000記事書き留めているのは僕は相当すごいと思います。

 

 

③自分が住む場所を自分で決めて高知に住んでいる事。

 

さて、ここからが本論です。

イケダハヤトさんが縁もゆかりもない高知に移住したのは理由は正直よくわからないのです。一応ブログで高知に移住した理由を書いていますが、字面だけでは本心なんてわかりっこありません。(参照:イケダハヤトが高知県に移住した10の理由 : まだ東京で消耗してるの?)一見してみるとビジネス目的のように思えなくなくもないです。

 

ただ、高知に移住したあとのイケダさんは楽しそうです。

(参照:東京から高知に移住して2ヶ月が経ちました!妻に話を聞いてみたよ : まだ東京で消耗してるの?)

 

しかも高知で新しいこともやり始めているようですしね。

(参照:移住三ヶ月、高知で色々プロジェクトを始めています:自分の整理も兼ねてまとめ : まだ東京で消耗してるの?)

 

 

移住した理由はよくわからないけど、公私ともに順調のようで結果的には本人にとって良かったことなのは間違いないでしょうね。

 

 

マズローの5段階欲求において「自己実現欲求」が最上位に来ています。承認欲求よりも上です。本人に聞いてみないと分からないけどイケダさんは自己実現欲求を満たしているんじゃないかな。(参照:マズローの欲求5段階説に沿って分類してみた - ログキョウ)

 

 

人生の充実度を高めるために住む場所はとても大事

 

どこに住むかは人生において非常に大事だと思うんです。友達が多い環境なら遊べる人がたくさんいていいし、近くに親族がいれば自分の子供を預けることも可能です。

東京の人ごみが嫌いなら東京は避けるべきだし、逆に人が多い場所が好きであれば東京も良いのかなとは思います。

 

僕は今は福島に住んでいますが、将来は地元の札幌に帰ると思います。理由としては、子供ができた時とか、近くに親(ばあちゃんになる)がいると子育てを手伝ってもらえるからです。これは僕にとっても結婚相手にとっても子供にとっても親にとってもいいことです。

地元だからそれなりに友達もいるし。求人を見た限り仕事も結構あるし。

まあ一度東京に住んでみたいという気持ちもあるので、福島→東京→札幌って感じになりそうです。

 

自分で住む場所を決めいている人はあまり多くない

 

自分で自分の住みたい場所に住んでいる人ってそんなに多くないんじゃないかって思っています。

仕事の都合、家族の都合、結婚相手の都合。色んな都合でずるずると他人に住む場所を決めさせられいる人が多いように思います。

 

イケダさんの奥さんだって、イケダさんと一緒に高知に行ってますけどこれはイケダさん(結婚相手)の都合で高知に移住してます。(もちろん奥さん本人がどう思っているかは僕には分かりませんし、仮に元々不本意だったとしても結果として今は幸せな可能性は高いです。)

 

おそらく、就職活動の際に「地元に住みたいから地元で就活をした」人もたくさんいると思います。そういう人であれば良いかなとは思いますが、でも5年10年と働いていたら、違う場所に住んでみたいと思う人もいるかもしれません。

 

また、僕のいとこは全国転勤の会社員です。

就職後は釧路→埼玉と転勤し今は大阪に住んでいます。この前会った時に「もしも住む場所を選べるならどこに住みたい?」と聞いたら「う〜ん。なんだかんだ札幌(地元)がいいかな」って言ってました。

 

僕の兄も今東京に住んでいますが、札幌に住みたいという理由で北海道の会社に転職しましたしね。(給料は2〜3割くらい減るらしいがそれでも地元に帰りたいらしいです)

 

やっぱり人生の充実度において住む場所は大事なのです。

 

住む場所も付き合う人間も行う仕事も全部自分で決めれるような人になりたいものです。 

 

その点、イケダさんは全部成し遂げているように思えるので目指すべき目標でもあります。…炎上は嫌だけど(笑)