読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

映画『るろうに剣心 京都大火編』〜凄い迫力でした!オススメです!

スポンサーリンク

ずっと楽しみにしていたけどなかなか観れなかった『るろうに剣心 京都大火編』をやっと観れました!

非常に素晴らしい出来でした。満足しています。

 

 

キャスト

まずキャストがとても良いですね。

佐藤健(剣心)、武井咲(薫)、伊勢谷友介(蒼紫)、江口洋介斉藤一)、神木隆之介(宗次郎)などと、原作のキャラをかなり忠実に再現しています。

※詳しくは映画『るろうに剣心』いい雰囲気を醸し出しているキャストのまとめをごらんください。

 

また、福山雅治の役は比古清十郎で決まりでしょうね。

 

個人的に注目していたのは志々雄(藤原竜也)の演技です。この役は難しいと思うですが、うまくやってくれましたね。一歩間違えば映画が台無しになっていたはずです。

藤原竜也の志々雄があまりに志々雄だった。

 

 

※以下ネタバレです。

バトルシーン

この映画の見所はバトルシーンだと思います。

斉藤一が映画の冒頭で志々雄の部下をなぎ倒すシーン。剣心が新月村で志々雄の部下を一網打尽にするシーンは壮快です。

イメージとしては「無双」です。るろけん無双が実写化されたような感じでした。

 

また、「剣心対宗次郎」や「剣心対帳」、「蒼紫対翁」の一騎打ちもクオリティが高いです。

 

ただ、剣心対帳の戦いがちょっと長過ぎたのが気になった。もっと他のシーンで尺を使った方が良かった気がしますね。

 

また僕が一番注目していたシーンは宗次郎による大久保利通暗殺です。走る馬車に自分の足で飛び乗る宗次郎は僕のイメージ通りでした。原作でも飛び乗るシーンが描かれていないだけに良かったです。

 

おそらくキャストとバトルシーンだけでも、ほとんどの人が楽しめる作品になっていると思います。

 

 

ストーリー

ストーリーはだいたい原作に忠実に描かれていますが、細かいところは変えているようです。

 

個人的に良かったと思うのは新月村で宗次郎と戦った後に、剣心が村に戻ったシーン。村に戻ったら村人達が剣心が倒した志々雄の部下を攻撃していました。そのときに村人は処刑された両親の子供(栄治)に対して「お前もやれ」という言葉をかけますが、それを剣心は止めます。

 

「この小さな手を汚しても誰も喜ばない。死んでいった者が望むのは、敵討ちではなく生き残った者の幸福でござる」

「君は必ず大人になる。大人になったとき、志々雄のような暴力で人を従わせる人間になるな。村人のように暴力に怯えて何も出来ない人間になるな。最期まで家族の事を思っていたお前の兄のような大人になれ」

 

原作でも同じ台詞を言っていましたが、このシーンはとても良かったです。

 

 

しかし2時間におさめている作品のため説明不足になっていたり原作を読んでいないと「なんでこうなったかわからない」場面がありました。

 

例えば、

①いきなり新月村に行く事になったのですが、新月村の少年(栄治)は意味不明なところから出てきた事。

突然出てきて、「え!?」ってなりました。

 

②蒼紫が会った事もない剣心を倒そうとする理由が「最強という称号を得るため」というひたすら迷惑な理由だけに変わってしまった事。ビュジアルがいいだけに残念です。※原作ではもう少し因縁があります。

 

③蒼紫が京都にたどり着けた理由が不明なこと。剣心を探していて東京にいたのに何故かいきなり京都にいました。なぜ京都にいると分かったのか…?※原作では斉藤一に教えてもらいます。

 

このあたりは個人的には残念です。

 

まあ、仕方ないとは思うのですが、多分原作を読んでいない人はこの辺は謎でしょうね。

 

ですが映画全体を観ての感想としては僕は非常に満足です。

 

 

 

伝説の最期編の感想も書いています。よろしければこちらもご覧くださいませ^^

 

『るろうに剣心 伝説の最期編』があまりにもクオリティが高すぎる…!! - ログキョウ

 

 

また、DVDのレンタルも2015年1月21日から可能になっています。

映画を観ていない人は是非DVDを…!