ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

都議会議員が1660万貰っている一方で40歳非正規労働者がいる事実

スポンサーリンク

塩村あやか議員に対するセクハラ野次事件があった。

 

「お前が結婚した方がいいんじゃないのか」

 

というヤジ。

 

多くの人が憤りを感じていて、僕も憤りを感ました。先日やっと鈴木章浩議員が名乗りでてくれましたが。

 

僕が憤りを感じたのは鈴木議員の発言だけではなくて、

鈴木議員の発言の後に、周りの議員も笑っていたことや他の議員がヤジを黙認していたことです。

東京都の議会とは発言している人に対して平気でヤジを飛ばすところなのか。別に塩村議員は何もおかしな事は言っていないのに。そんな所で建設的な議論がされているとは思えないですね。

 

 

後は国会。

 

残念ながら国会なんて揚げ足の取り合いみたいなところにしか僕には見えないですよね。議論なんて全然進まないし。本田圭佑【今、改めて読んでほしい】本田圭佑が語る日本の政治【26歳が見たニッポン】この記事で言っていたけど。「まー進まない」って言ってました。

 

家入さんが著書『ぼくらの未来の作り方』で東京都知事選が「あまりにも無駄が多い」、「やり方がアップデートされていない」と書いていたので、多分政治や地方議会も良い仕事ぶりができていないと思うんです。古いやり方にずっとこだわっていそうです。

 

それでいて気にいらないのは彼らの給料です。

彼らの給料は都議会議員の給料、すべて見せます!によると年収1660万である。ただしこれは1年目の議員の話なので、実際にはもっと多い人はたくさんいるとは思います。

彼らの働きぶりが世の中の利便性を向上させたり、住みやすい日本にしているのならそんなに文句はないんです。

でも利便性を向上させているのは歴史を振り返ってみても、TOYOTAだったりパナソニックだったり携帯電話会社だったり、アップルだったりYahoo!だったりの民間企業です。政治家や議員の功績はどこにあるのかイマイチわからない。

 

また、彼らが民間企業で必死に働いて1660万貰っているのなら文句はない。

彼らの努力の結果だし、何よりも給料の出所が税金ではないからだ。

 

税金で国民から搾取しているのに大した働きぶりをしていないから腹立つんですよね。

 

まあ政治家の友達とかがいるわけでもないので実態は分からないでけども 。

仮に大して働きもせずに1660万を貰っていたとする。

 

その一方で30代「早期退職」のリアルな惨状この記事にあるように、40代で非正規雇用というかなり厳しい状態の人がいる。年収は270万でしかも妻と子供がいるのだ。

 

270万÷12ヶ月で22,5万/月である。

とてもじゃないが3人では生活できない。奥さんがパートにでてギリギリだろう。3人家族なら月に30万は必要だ。

 

こんな現実は絶対におかしい。都議員の給料を下げて税金を安くすれば少しは生活は楽になるのに。

 

議員さんや政治家などの公務員は少なくとも建前上は住みやすい日本を作ろうと言っている。

 

住みやすい日本を作ろうと建前上は言っている人のせいで住みづらい国になっているのなら、本当にひどい話ですよ。