読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

50代の人が上司のパワハラにあって自殺したニュースについて

スポンサーリンク
福島県警の50代の職員が2人自殺したそうです。
遺書が残してあって、「上司からパワハラを受けていた」旨が書いてありありました。



正直言って、自殺するくらい辛いのであれば仕事なんて辞めれば良いのに。って思います。逃げた方がずっと良いことがあるよ。


「辞めればいいなんて無責任なことを言うな!お前は若いから分からないけど、50歳になるとそう簡単にはいかないんだよ!家族や親の面倒を見なければいけない場合もあるんだ!」って言う人もいるかもしれません。


たしかに、23歳の僕が50歳の人の気持ちを汲み取ることは不可能だし、背景に何があったかもわからない。もしかしたら保険金で家族を養っていこうと思っていたのかもしれない。


でも自殺するよりかは圧倒的に仕事を辞めた方がまだマシだと思います。家族がいる場合にはなおさらです。最悪の場合ですが、家族との中が不仲だった場合には、自殺して保険金が入ってきて家族が喜ぶという最悪なことも想定出来ますが、そうだった場合でも、自殺した本人にとっては絶対に良くない。


辞めるまでいかなくてもパワハラをしていた上司よりももっと上の上司に相談するとか、コンプライアンス労働組合とかに話して、パワハラをしていた上司を変えてもらうことが出来たはずだ。もしかしたら二人も自殺に追い込むことをしていたのだから退職に追い込むことも可能だったかもしれない。


パワハラをしていた上司がどれくらいの権力を持っていたのかは知らないですが、もしも福島県警を牛耳るくらいの権力があるのなら、東京の警察や警察以外の組織(例えば裁判所とか)に相談してみれば状態の改善は可能だったはずだ。二人も自殺に追い込むほどだったのなら、色々なところで証言がとれたはずだから。



なんにせよ悲しいニュースです。

自分が入った会社でが明らかにおかしいって思った場合には思ったその時点でもう辞めていいと思う。逃げていいと思う。仕事なんていっぱいあります。
40代50代になるとたしかに転職は難しいので簡単には言えませんが、若い人だったらすぐ決断しよう。


仕事なんて「手段」でしかない。人生の「手段」でしかない仕事で死ぬなんて絶対にダメだ。