ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

近視の原因はほとんど遺伝なんだから子供の近視を叱るのはやめてあげて

スポンサーリンク

僕はメガネ屋で働いています。


小さい子供からお年寄りまで色んな方がご来店されます。

今回は子供のお話。

一般的に目が悪いと言われる人のほとんどが近視です。

 

 

子供のメガネは定期的に変えよう


子供は成長期だから近視が進みやすいのです。
「メガネを作ったのに、半年くらいでもうメガネが合わなくなった」ってかた結構多いです。でもこれは仕方のないこと。


現在の医学では子供の近視が進むのを食い止める方法はありません(レーシックは除く)。なので子供の成長に合わせてメガネの度数を変えていかなければならないのです。


しかし、そのことをあまり理解していない親御さんが多く「半年前に作ったばかりなんですよ?」って愚痴なんだかクレームなんだかわからないこという人がいます。中には「1年前に作ったのに!」っていう人さえいます。1年起てば成人でも度数変わることはよくあるのに。


親御さんが子供の目のために出来ることはただ一つ。学校の視力測定の結果をちゃんと見てあげて、必要に応じて新しいメガネを買ってあげることです。基準としては学校の測定で視力が両目でC(0.3〜0.6)以下になったらメガネの新規購入を検討した方がいいです。

メガネが初めてであればまずは眼科に相談してください。
2回目以降であれば眼科ではなくメガネ屋にいっても大丈夫です。

 

近視の原因はほとんど遺伝


また、たまにいるのですが、子供の近視が進んでしまって「あんたはゲームをやり過ぎるから目が悪くなるのよ!!!」って叱る(怒る)お母さんがいますが、やめてあげてください。

近視の原因はほとんどが遺伝です。
ゲームや勉強などで近くの物を見すぎて一時的に近視が進むこともありますが、原因としては弱いです。ほとんどは遺伝が原因なのです。


つまり、近視が進むのは子供の責任ではありません。親御さんの遺伝子によって近視になっているのです。

子供は悪くない。



なのに近視が進んだ子供を「ゲームのやりすぎ!!!」といって叱るのは非常に理不尽です。
お願いだからその叱り方はやめてあげてください。


みなさんもそういう叱り方はしないで、子供の近視が進んだらちゃんとメガネを作り替えてあげてくださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました^^