ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

読書が苦手な人に送るブログ

スポンサーリンク
「一般的に読書をすることは良いこと」と言われています。

また、それに対する反対意見もほとんど聞いたことがありません。


しかし、その一方で

「大学生の4割は月に1冊も本を読まない」
「日本人で週に1冊本を読む人は2割程度しかいない」

というニュースが流れます。



かくいう私も本は苦手でした。
今でこそようやく週に2冊くらい読むようになりましが、学生時代は年に1冊本を読むかどうかでしたから。



そんな読書が苦手な人に向けてこのブログを書かせていただきます。

今後読書がんばりたい人、必見。






無理に読書をしようとしなくてもいい】


急に「読書はすばらしい。読書は人生を豊かにするからあなたも読書をしましょう!!!」


なんて言われても続かないです。


【面白そうな本以外は読まなくていい】


ゲームとか漫画とか。
面白いものはみんな続くんです。

なぜか?

面白いからです。





【本も面白そうな本を読みましょう】


漫画ではなくて活字で書いている本。
そういう本なら何でもいいです



好きなジャンルから読んでいって、とりあえず「読書って面白い!」って感覚をもつことが大事なんです。

読書が苦手だった頃、僕は好きなゲームのラノベの本とか映画化された小説とか読んでいました。

例えば、テイルズオブファンタジアラノベの本


ゲームでは語れなかった内容が書いてあります。
このゲームのファンならば、間違いなく面白いと感じるでしょう!



それから僕が好きな映画『容疑者xの献身』の原作


一度映画を観ている人ならば内容はある程度覚えていると思うので読書が苦手な人でもすらすらと読めます。




それから自己啓発本もオススメ。


非常に読みやすいし、読んでいてテンションがあがります。

読書の先輩達からしたら、「自己啓発本なんて意味がない」と言う人もいると思います。

でも読書が苦手な人はとにかく「面白そう!」って感じる本から始めてください。




こういう本は書店にいっぱい置いてあります。
自分が一番気に入った本を選んでください。


最初はこういう所から入っていきます。



そして、本を読む面白さを知った頃には少しジャンルを広げても読めるようになってきます。


そしたらそれ合わせた本を読みましょう。

大学生なら現在の大学の実情が書いてある文庫本
子育て中ならば子育てに関する本
ビジネスマンなら自分の仕事に関する本

などなど。



読書を続けると、いつの間にか本を通じて知識が増えていくのが楽しくなります。

いつの間にか、読書が苦手なあなたでも週に1冊は本を読むことが「普通」になっているでしょう。

この域まで達したらもう大丈夫。



読書の習慣などを含めた「行動習慣」を身に付けるには3ヶ月かかります。



まずは3ヶ月、がんばってみましょう!