ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

子供の話す力を磨こう。どんな時代になっても絶対大事よ

スポンサーリンク
話す力とか聞く力ってすごい大事。

企業が新卒に求める力の1位が「コミュニケーション能力」。しかも10年連続の1位。


僕もコミュ力は大事だと思っていて、コミュ力が高い方がお客様を満足させることができて、顧客満足度や売り上げが伸びる結果になるからだ。

またそれだけでなく、社内の仲も良くなっていくので職場に来るのが嫌になる可能性が下がる。いわゆる従業員満足度も上げやすくなり良い職場に出来るだろう。



しかし、現在がたまたまそういう時代であって、今の子供が大人になる頃にはコミュ力が重視されないかもしれない。時代はどんどん変わっていきますからね。

仮にそうなったとしても、コミュ力は大事です。なぜなら、コミュ力が高い方が色んな人と話すことが出来て、色んなことを吸収できるからだ。そのため、魅力的な人間に成長できるし時代の変化にも順応しやすくなる。結果的にコミュ力が高い方が人生をエンジョイできて、稼げる人間に成長する可能性が高い。



だから、子供のうちから話す力、聞く力を高めることが非常に大事だと僕は考える。



じゃあどうすれば子供のコミュ力は上がるか?
きっとみなさん自分の教育方針があるかと思いますが、僕は子供に色んな人と話をさせることが大事だと考えます。それも出来るだけ、子供のことを愛してくれるじいちゃんばあちゃん、親戚のおじさんおばさんがいいです。

出来るだけ、人と話すことが楽しいと思わせるようにそういう人達とたくさん話させましょう。

その後に友達が出来て、人間関係を学ばせるのがいいですね。その方が人間関係で悩むことがあっても人間関係を嫌いになる可能性が低いので引きこもりとかはなくなります。


絶対にやってはいけないは子供を過保護に扱うこと。

過保護に扱うと何でもかんでも親任せになってしまうので、いつまでたっても自立しません。放任すぎるのもどうかと思いますが、過保護よりは放任のほうがマシな気がします。