読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

メガネ屋店員が教える正しいメガネレンズの拭き方

スポンサーリンク

僕は普段はメガネ屋で働いています。


お客さんでよく来るのが

「レンズをクリーニングしてほしい」

という方。


レンズを見ると信じられないくらい汚れている人も時々います。
触ったらレンズがザラザラするんです。

女性の場合だと多分ファンデーションなどの化粧品がレンズについたんだろうなーって想像がつくんですが、男性のザラザラレンズはよくわかりません…笑

いったいこの人の顔から何がでているんだろうか…。

 

基本は水洗い

 

さて、本題ですがレンズの正しい拭き方を教えます。



メガネのクリーニングは

「水洗い」が基本です。

「ジョイなどの食器用洗剤(中性洗剤)を使って洗うのが良い」とネットで調べると書いてありますが、水洗いだけでほとんどの汚れは落ちます。




手順①水道の水で汚れを流す。

この時に指の腹で軽くゴシゴシしましょう。
これだけで汚れのほとんどは落ちます。

手順②ティッシュで水を拭き取る

ここでの作業はレンズについた水分をとるだけです。


手順③メガネ拭きで拭いて仕上がり。

残った汚れや曇りをメガネ拭きで奇麗に拭き取って完了です。



これだけで十分です。ほとんどの汚れは落ちます。

中性洗剤を使うのはボンドとか油とか、水では落ちないような汚れだけにしましょう。

また、その際も洗剤は一滴で十分です。

実際、僕は洗剤を使って洗ったことは一度もありません。
メガネ拭きでゴシゴシするか、水洗いで事足りています。

メガネ拭きでゴシゴシするときはレンズにホコリがついていないか確認してからにしてください。

メガネ拭きとレンズの間にホコリが挟まっていると傷の原因になります。


また、メガネ屋さんによっては超音波洗浄機が置いてあるので、それを使うこともおすすめ。

 

スポンサーリンク
 

 

レンズを拭く際にやってはいけない事


①「服で拭くこと」
Tシャツとかなら柔らかい素材を使っているのでまだいいですが、ジャケットやコートなどは素材が粗いのでレンズに傷がつく原因になります。
これをやる人が非常に多いです。お客さんにもよくいます。そして、高確率でその人のレンズは傷がついています。絶対にやめましょう。

②乾いたレンズをティッシュで拭く
ティッシュも粗いので拭くのは控えた方がいいです。メガネ屋店員でもティッシュは使いますが、必ずレンズを濡らした状態で拭いています。

③中性洗剤以外の洗剤を使う
刺激の強い洗剤はレンズのコーティングがはがれる原因になります。洗剤を使う場合は必ず中性洗剤であることを確認してから使ってください

 

④お湯で洗うこと

プラスチックで出来たレンズは熱に弱いです。お湯で洗ってしまうとレンズのコーティングが剥がれて、レンズの表面にヒビが入る事があります。洗う場合には水がぬるま湯で洗いましょう。


以上です。


快適な視界のためにレンズの手入れには気を使ってくださいね^^