ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

サッカー王国なのに!?ブラジル全土でワールドカップの抗議デモ

スポンサーリンク
6月からワールドカップが始まりますね!ブラジルで!

開催国ブラジルではワールドカップ開催への抗議デモがされているらしいです。


ちなみに同じような抗議デモは2013年のブラジル、コンフェデネーションカップでもあったみたいです。一体なぜなのか?


ブラジルの予算をワールドカップにつぎ込みすぎ

ワールドカップ開催にあたっては一応FIFAから開催国への支援金があるみたいです。いくらなのかは知りませんが、相当なお金が入ることは間違いないでしょう。


ブラジルはBRICsの一角として、経済発展している新興国ではあるのですが、まだまだインフラの整備は先進国と比べると劣っているようです。


それは交通網もそうだし、教育や医療に関してもそう。そしてサッカーをするスタジアムにに関しても。


そのため、ワールドカップ開催はFIFAからの支援金だけは出来ないのです。(これはどこの国で開催してもそうだとは思いますがブラジルは特に)


しかもブラジルは貧富の差が激しい国。月収が日本円で7000円くらいの人が5000万人くらいいるようです。住んでいる家も電気ガス水道が通っていなかったり。


それなのにブラジル政府はワールドカップ開催の為に国の予算をスタジアムの建設などのワールカップ開催費に当てているようです。これまで総額で110億ドル(約1兆1000億円)当てているとのこと。


当然国の予算は国民の税金から成り立っています。「自分たちから集めたお金はワールドカップ開催のために使われるけど、交通網や医療、教育には全然使ってくれない!ふざけるな!」「そんなんだったらワールドカップなんてやんなくて良い!」「ワールドカップよりも国民全員が水道電気ガスを使える家に住ませてよ」というふうになってしまう訳です。


国民の怒りはごもっともですね。

僕だって自分たちの税金を自分たちの生活に還元してくれないなら怒ります。


ちなみに今までのワールドカップではこういうデモはなかったのか調べてみましたが、最近の開催国は以下の通り

94年アメリカ
98年フランス
02年日韓
06年ドイツ

見て分かる通り、南アフリカ以外は先進国で開催されています。なのでそもそも資金面で問題になることがなかったようです。むしろ、ワールドカップ特需で潤ったことでしょう!


南アフリカはどうだったのは調べてみたのですが、特に目立ったデモは見つかりませんでした。治安の悪さが問題になったのと、やはりインフラの不安があったようであり、開催不可能であれば別の国で開催も検討していたそうですが、結局は無事に開催されました。



開催1ヶ月前の時点で開催反対のデモが起こるような国でやるべきではないんですよ。
せめて、国民の9割以上が電気ガス水道が通っているくらいの貧富の差が少ない国じゃないとダメだと思います。最低限それくらいじゃないと、地元の人は近くでやっているのに試合を観に行けない。しかも自分たちの税金でワールドカップが開催されている。という可哀想な状態になります。


どうしてもやるんだったらもっと資金援助をしてあげるべきです。国の予算をワールドカップ開催に当てなくてもいいくらいに。