ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

『美味しんぼ』が休載したけど作者の意図は何だったんだろうね

スポンサーリンク
漫画『美味しんぼ』で東京電力福島第1原子力発電所に行った主人公が「倦怠感」を感じたり鼻血を出したりした描写があった問題。


実際には原発までいったくらいで鼻血を出すことはあり得ない。
そんなニュースは聞いたことないし。
こちとら、原発事故があってからもずっと福島に住んでいるけど鼻血を出したことは一度もない。


そして、ちょっと調べればわかることだし、ニュースでもさんざんやっていたこと何だけど、現在の福島原発周辺の放射線量は23マイクロシーベルト/時くらいだ。

100ミリシーベルト被爆をしたらがんの生涯死亡リスクが0.5%増えると言われている(単位が違うので気をつけて)。しかし科学的に人体への影響が証明されているのは100ミリシーベルトまでで、それより低い数字は専門家の間でも意見が割れている。


また胸部X線CTスキャンで6.9ミリシーベルト放射線を出しているそうだ。それと比べると非常にい低いし、実際にCTスキャンをして被爆した人がいる訳がない。

もしも美味しんぼのように一度行っただけで鼻血をだしたり倦怠感を襲われることがあればそろそろ死人がでてもおかしくないだろう。


福島の放射線量は人体に影響を及ぼす可能性は非常に低い。

素人の僕が調べてもすぐ分かるのだから、ちょっと調べれば事実とは異なる内容だと誰でもわかるはず。
まあ、この漫画を見て不安になって、小学校の旅行先が福島の飯坂温泉だったのを抗議した保護者もいたらしいのでその人達にも言いたいのだが。ちゃんと調べてから抗議したのかな。



また、福島に住んでいる人がまだたくさんいるのに、福島に行くと被爆するなんて書くのは読み手の気持ちを全く考えていない行為だし、政府機関からの批判を浴びるのは目に見えている。ましてや美味しんぼは料理漫画のはずだ。わざわざ原発にいく描写を書く必要がないし、書かなくても面白い作品にできる。


なんでこんなことを書いたのかイマイチわからないですね。

別に面白くなる要素もなく、批判を浴びるだけ。100歩譲って面白いと思って書いたのかもしれないが、批判を浴びるのは目に見えている。そんな危険を冒してでも書きたい思うくらい面白いと思ったのか。