ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

雑記

4年間で変わった事変わらない事〜はてなブログの企画に乗ってみた

「4年間で変わったこと、変わらないこと」はてなブログは4周年! こんにちは。他の方々のブログを見ていると面白そうだったので今日は、はてなブログの企画に乗っかって記事を書いてみようと思います。 4年間で変わったこと 学生から社会人になった。 お酒…

就職が決まらなくて辛い人は多いと思うけど、決して劣等感を抱いてほしくないという話

こんにちは。 先日大学の後輩にたまたま会いました。後輩は現在大学4年生。就職活動のまっただ中ですが、まだ内定が出ていないようで、開口一番にその愚痴をこぼしてきました。 後輩の表情は曇ってました。他の後輩(その後輩とは共通の知り合い)で2人ほど、…

特別徴収税額決定通知書(住民税)がきて自分の給料の少なさを改めて思い知らされた

僕は社会人3年目の24歳なんです。 住民税の額が決定したから、その連絡だよーって感じで特別徴収税額決定通知書とかいう、やたら長い名前のやつがきました。 一応住民税は去年から払っているはずだから、去年もこの通知書がきているはずだが…全く記憶にない…

あなたの会社じゃなきゃダメな理由なんてあるわけがない

「貴社じゃなきゃダメな理由なんてあるわけが無い」 分かりやすく例えると「みずほ銀行」か「三菱UFJ銀行」か「りそな銀行」の中でみずほ銀行じゃなきゃダメな理由を述べよ、って言われても僕には無理です。 就活をしていた21歳の時、いつも思っていました。…

初体験の相手が結婚した

僕の初体験の相手が結婚した、とFacebookで報告していた。 それを見て、僕はFacebookを辞めた。 別に未練があったわけではない。誰と結婚しようが自分には関係ないと思っていた。 付き合っていたわけでもないし。何回か体の関係をもったくらい。もう何ヶ月も…

新しい何かを始めるためには今やっている何かを辞めなければいけない

こんにちは。 今年の公務員試験を受けることにしました。 勉強大変です。範囲広すぎます。でも頑張ります。 公務員試験に受かるためには勉強時間が合計で700〜800時間必要らしいです。 参照:必要だった勉強時間 | 市役所試験に合格した元ブラックサラリーマ…

だいたいの人はワークライフバランスを大事にした方が幸せだと思う

「ワークライフバランス」を気にする人は超一流になれない : まだ東京で消耗してるの? 「ワークライフバランス」を気にする人は超一流になれない : まだ東京で消耗してるの? イケダさんのこの記事を読んでの感想。 タイトルだけ見ると「超一流になりたけれ…

嫁さんを専業主婦にできるくらいお金を稼ぎたいよね

自分は別に「嫁さんを専業主婦にしたい」と思っているわけではないし、そういうプライドは一切ないです。 むしろ、働いてくれるなら働いてほしいって思っています。 ※僕はまだ独身です。将来の事をちょっと妄想して書いています。 稼ぎたいお金の基準は嫁さ…

「臆病」は強みになり得る

僕は、フルタイムで働いている非正規労働者です。 人生の選択に悩まされていました。それは「正社員試験を受ける」か「転職する」かです。 社員試験は受ければほぼ受かります。というのも、スタバとかユニクロと同じ「エリア正社員」というやつだからです。…

住む場所を自分で決めることは大事〜イケダハヤトさんを例に〜

突然ですが、僕はイケダハヤトさんは相当すごい人だと思っています。 炎上商法だとかで色んな批判もされているようですが、この記事ではそれについては書きません。 イケダさんがすごいところたくさんあると思うのですが、簡単にあげるならこの3つかなって…

出世にギラギラしている人って人生楽しいのかな

僕はあまり出世には興味がないタイプの人間です。 というか、もはや転職しようと意気込んでいるくらいですからね。もしかしたら転職先で出世意欲が湧くかもしれないけど、多分湧かないかな。 出世したら人生楽しいのか もちろん出世したから人生楽しいとか「…

僕、社畜

こんにちは。僕、社畜です。 脱社畜ブログで有名な日野瑛太郎さんの著書『あ、やりがいとかいらないんで残業代ください』によると 「社畜=会社と自分を切り離して考える事が出来ない人」 のことを言うらしいです。少なくとも本書の中で日野さんはそう定義さ…

先輩の結婚式に参加してみて思った事

先日、僕の大学時代の先輩が挙式を挙げました。おめでとうございます。 23歳で始めて結婚式に参加する僕はマナーを知らなすぎて、ご祝儀を受付で渡し忘れる大失態を犯しましたw 恥ずかしかった。みんな気をつけよう。 結婚式自体は良かった 結婚式自体は素…

偏差値を5ヶ月で15上げて国立大学に合格した話

以前読んだこの本。 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 作者: 坪田信貴 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 発売日: 2013/12/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (29件) を見る …

メガネ屋で働いていて後輩に褒められた話

僕は某メガネ屋さんで働いてます。一応全国展開をしている大きい会社。世間では大企業に分類されているらしい。そんな実感は全くないけど。非正規社員だし。 しかし、非正規と言えど店頭に立ったらプロのメガネ屋なのです。 視力測定、フィッティング、レン…

僕にとってSMAPとは〜27時間テレビを観て

初めに言わせて頂くが僕はSMAPのファンではない。 でも、小学生中学生とのときにテレビで本当に良くみていた。ファンではないけど好きではある。というか愛着のある芸能人って感じだろうか。 小学校と時とかは「慎吾ママ」をやっていたり、ドラマの「僕の生…

人生を楽しむには「楽しいことに対するハードル」を下げればいい

人生をどのように歩んでいきたいか。 これは人それぞれ全然違う。 スポーツ選手になってワールドカップで優勝したい人がいれば 早く結婚して家庭を持ちたい人もいる。 そして、人生において何がしたいのか分からない人もいっぱいいるでしょう。 でもどんな夢…

1991年前後生まれがめっちゃ懐かしく思う漫画

僕は子供の頃から漫画が大好きでした! この前ブックオフで『ドラゴンクエスト ロトの紋章』を読んでいてめっちゃ懐かしい気持ちになりました! 昔読んだ漫画を読み返すとめっちゃ面白いんですよ。 そこで今回は僕が子供の頃に読んでハマっていた漫画を紹介…

いじめは将来の人格形成に大きな影響を与えている

中学校の頃、僕はいじめられっ子だった。 いじめられていて、でも休んだりしないで頑張って学校に通った。 ストレスのせいか盲腸になって一週間入院したこともあった。でも退院した後は頑張って通った。 なんだかんだで体調不良は多かったけどずる休みは一回…