読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ログキョウ

日常で見つけた「面白い」って思った事を書いていくブログです。ジャンルは問わない。ゆるーく更新していきます^^

読書

ちきりんさんの『マーケット感覚を身につけよう』はフリー志望なら読むべき

どーも、こんにちは。 僕は今日から3連休です。3連休ですが、特に予定もありません。強いて言えば二日目にやり残した仕事の手直しをしに行く予定はありますが、プライベートは全然です(あれ、休み…?) とうわけで、この3連休は読書にいそしむ事にしまし…

映画『ビリギャル』を観ました。勇気をもらえる作品でしたね!

久しぶりに映画を観てきました^^ 有村架純主演の『ビリギャル』 【映画公開記念版】 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 作者: 坪田信貴 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 発売日: 2015/04/10 メデ…

Kindleの検索機能が超便利!〜Kindleが便利すぎて紙の本を買う気が失せる

Amazonの電車書籍、Kindleが非常に便利。 何が便利かって、早くて手軽で安いということ。しかもiPhoneで読めるから電子書籍用に余計な危機を購入する必要がない。 あえてデメリットを挙げれば、 ①液晶画面を見てると目が疲れるので、パソコン用メガネが必須…

半年に一回は歯医者で歯石除去をした方が良いって話

小学生くらいの時は結構歯医者に行ってました。近所の歯医者さん。子供の足でも歩いて5分くらいの場所にあったんです。 子供だと歯が抜けたり生えたりするし、僕の場合は虫歯が多い子供だったので、頻繁に通っていて、歯医者受付のお姉さんとも仲良くなった…

『レールの外ってこんな景色』異色な方々の異色なストーリーが読める本

若手ブロガー共著の電子書籍、読ませて頂きました! 企画の段階からすごい面白そうだなー、って思っていたんですよね。若手ブロガーみんなで電子書籍を出そうっていう発想も今までにない発想で良いと思いましたし、 らふらくさんとか鳥居さんとか、けいろー…

子育てとは自分を犠牲にしてやること?漫画『うさぎドロップ』を読んで

うさぎドロップという漫画を読みました。 「子育て」という今まで自分が考えたこともない、というよりは考えようともしていなかった内容をテーマにしたマンガです。 30歳の独身男性が急に、6歳の女の子を育てることになったというお話なのですが、とても不思…

『容疑者xの献身』はやっぱり泣ける作品だった

TSUTAYAでレンタルをして久しぶりに容疑者xの献身を観ました。 原作も読んだし映画も観た。2008年の映画なのでもう7年前。マジか。そんな昔か。確かに僕の高校時代だったからもうそんなのになるか。いやー驚きです。 東野圭吾の映画化作品では『手紙』と並…

知的幸福の技術〜人生に選択肢を多く持とう!

久しぶりに読書をした。 本当はちきりんの新刊をAmazonで買おうと思ったんだけど、「この商品を買った人はこの商品も買ってます」みたいな欄でたまたま目についた『知的幸福の技術』という本を買いました。もちろんKindleで。434円という安さ。Kindleだとネ…

ライトノベルはふつーに面白い

ライトノベルが馬鹿にされている…? どんな作品でも楽しんだもん勝ち - ライティング・ハイ 僕が購読しているブログを読んで知りましたが、話題になったもとの記事はこちらみたいですね。 なぜラノベは馬鹿にされがちなのか まあ僕自身ラノベはそんな読まな…

『20代でやっておきたいこと』を読んで〜なんだかんだためになる。

鈴木さんのこの記事を読んで。20代の方に向けて書いた本がくそ多くて笑ったw マジでハンパねぇ 【20代必読?な訳無い】「まだ20代で消耗しているの?」が9割 ってタイトルが良さそう! - 鈴木です。 【20代必読?な訳無い】「まだ20代で消耗しているの?」…

東野圭吾『マスカレード・イブ』は女が怖い小説だった

面白かったです。 あまり本はすらすら読めない僕ですが、東野圭吾の小説は割とすらすら読めて、夜中の3時くらいまで読みふけってました。 ちなみに前作の『マスカレード・ホテル』も読んでいます。 <a href="http://www.logkyo.com/…

東野圭吾『マスカレードホテル』の感想

トピック「読書感想文」について 東野圭吾『マスカレードホテル』を読み終えました!夜中の3時までかかりました。読み応えがありましたね。 マスカレード・ホテル (集英社文庫) 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/07/18 メディア: 文庫 …

偏差値を5ヶ月で15上げて国立大学に合格した話

以前読んだこの本。 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 作者: 坪田信貴 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 発売日: 2013/12/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (29件) を見る …

有吉さんも家入さんも非凡だけど人間くさいんです

有吉弘行はTwitterでフォローワーが300万人いて、ソフトバンクの孫さんを超して日本一です。 @ariyoshihiroiki からのツイート マツコデラックス同様、最近非常に人気のある人です。 僕はあまりテレビは観ないんだけど「アメトーク」と有吉が出ている「怒…

古川武士著『新しい自分に生まれ変わる「やめる」習慣』を読んで

古川武士氏の『新しい自分に生まれ変わるための「やめる」習慣』本書によると、直すべき悪い習慣には3つのレベルがあって行動習慣身体習慣思考習慣この3つです。①行動習慣はネットサーフィンや無駄遣い、休日をだらだら過ごすことや問題の先延ばしなどです…

ホリエモンの『ゼロ』を読んで

仕事で行き詰まっている。今の仕事では自分に芽が出ないと思って転職を決意した。仕事を始めて1年くらいだ。僕は精神的に不安定だった。以前にホリエモンの「ゼロ」を読んですごい勇気が出たのを思い出した。そこで、元気を出すためと思い、もう一回読んで…